歯科医の論文奮闘記① なぜ論文を書くの?

こんにちは!平田です.

 

研修医のK君(先輩ブロガー)に「先生,こないだの節分のやつ,面白かったですよ.」と声をかけられ気を良くしています.撮影ありがとう院生Sちゃん...実験の後,お面つくってさ,Sちゃんと誰もいない医局でひっそり撮影したんですよ.

 

アクセス数全然あがらなかったけどね!!!(小声)

が,しかし,ユアーズデンタルの湯口いんちょがブログにシェアしてくれたユアーズ潜入記事は急激にアクセス増….

 

 

いや,数じゃない,数気にしない…

 

てことで,さあ,今日は札幌市にお住まいの大学院生Mっ氏~からのリクエストにお答えするよ~.

 f:id:erieri-march:20170209215830j:image

f:id:erieri-march:20170209215838j:image

「論文を書くためのコツを教えてください」

 

はい!というわけで,不定期シリーズ「歯科医の論文奮闘記」はじめました.

 

といっても,「論文 書き方」で検索したらいっぱいでてくるので,ここでは,「歯学部の」「臨床講座で」「いろいろ失敗したけど」「なんとか論文をだした」というお話をしていくよ.スマートにいっぱい論文を書くことができる,研究者の皆様とはちょっと違った物語….

 

今日は,なぜに論文を書くのかについて.

 

  • 学位取得のため
  • 業績のため
  • 研究費獲得のため

…いろいろな理由がありますね.わたしもそのために書いてきたところもあります,もちろん.

が,しかし,最近になって思うのは

 

誰かのために論文を書こう!

 

ということです.研究って,直接世のため人のためになることってなかなか難しい.

もちろんそれが目標ではあるけれど.

なので,誰かのために論文を書くんです.研究しただけで終わらせない.論文を発表すれば,しかも英語で発表すれば,世界で1人でも読んでくれて,何かの参考にしてくれるかもしれない.

見えない誰かだけじゃなくて,後輩が今後の研究の参考にしてくれるかもしれない.

 

そして,共同研究者や指導教員が喜んでくれる.ハズ.

 

そう,このハズ,ってのが重要で,「きゃあああ!論文がんばったのに誰も喜んでくれないよう~かなぴいい~」ってなってしまうと逆にストレス.

 

なので,ひとりでほくそえむ

んですよ.ああ,この論文だれか読んでくれて,このプロトコール使ってくれたかもなあ.とか.

 

前にも書いたんですけど,研究って,一人じゃできないんですよ~.

 

 これは,電子顕微鏡のサンプルを作る際に使用するナイフ.刃先がダイヤモンドでできている精密なもので,とお~っても高価.それなのに,フランス留学中に私はこれを破損させてしまいました.修理してもらうにも,時間がかかるし,締め切りもあるし,って泣きそうになっていたところ,,,,いつもお世話になっている技術専門職員の方が,すぐに大学から送ってくれたんです.本当に助けられました.

 

ちなみに,留学してたときのお仕事がこちらです.

onlinelibrary.wiley.com

 

これからも,関わった皆さんへの感謝の気持ちで論文を作成しますよ.

 

そうはいってもプロの研究者の皆様はとっても厳しいのであった!!!

次回,歯科医の論文奮闘記,プロ研究者からの手厳しい指摘もあるよ~.ハンカチ必須です.

 

節分ですよ

今日は節分.

福は~うち!

福は~うち!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「呼んだ?」

f:id:erieri-march:20170203193819j:image

 

実験室に福が!

f:id:erieri-march:20170203193546j:image

 

 

院生室にも福が!

f:id:erieri-march:20170203193604j:image

 

ちなみに北海道は豆まきは大豆ではなく落花生!!

f:id:erieri-march:20170203200133p:plain

 

 院生ちゃんに福あれ~!

f:id:erieri-march:20170203193658j:image

院生ちゃんにも福あれ~!よっこらせ,っと

f:id:erieri-march:20170203194352j:image

 

いよっし!

 

で,何が伝えたかったかというと

 

 

明日からの国家試験応援してる!!!!!

ってことです!!!

 

 

後輩たちがこの世界に入ってくれることによって,また盛り上げてくれるのを楽しみに待ってます!

 

f:id:erieri-march:20170203215007j:imagef:id:erieri-march:20170203215014j:image

あ、これ、お面っす!マスクに貼るとできるよー!

広告を非表示にする

歯科医が通う歯科医院@ユアーズデンタルクリニック

前回ご登場したNちゃんから、

「歯医者さんの行く歯医者さんって気になるわん」っというご意見をいただきました。たしかに、料理人の通うレストランとか、気になるよね〜。

 

 

てことで…

 

 

 

 

 

 f:id:erieri-march:20170130003347j:image

 新年会でも登場した同期Y氏こと湯口せんせーの歯科医院「ユアーズデンタルクリニック」で定期メンテナンスに行ってきたリポートしますよ。

 

 

テレビ塔向かいのル・トロア「ル トロア〜ルトロア〜る〜るるる〜♪」っとあのCMソングを口ずさみながら6Fへ〜♪ 

 

 

どどーーーーん!

 

O・toneにも掲載されてるのね〜。

 

待合室も落ち着いた雰囲気。歯科医院ぽいあの香りや音が気になりませんわよ。

 

ほいっと、受付。

 

完全に区切られた診療スペースへ移動。

 

 

 

今日は3ヶ月毎の定期メンテナンスでPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)をお願いします。

虫歯など治療する必要がなくても、定期的なケアは欠かせません。私は、1年間で4回のPMTCを受けることができる会員なのででございます。

yours-dental.com

 

担当してくださる歯科衛生士の湯口さんと。笑顔が素敵です!もちろん拡大鏡使用して細部に至るまで美しく仕上げてくださいます。

 

 歯石をとっているところ〜

 

 

 

歯に専用の粉末を吹き付けて着色などを除去しているところ〜

ぜんっぜん痛くないんですよ〜これが。

 

 

このあとさらに磨いていただき…フッ素をぬりぬりして〜

 

 

 

きら〜ん!

 歯がツルツルでスッキリ!!!

 

フッ素が浸透するのを待ってから…

 

 

綺麗になった歯でパクつく「さえら」のサンドイッチは格別ですね。ちなみに私はエビかつとフルーツサンドが一番のお気に入り。

 

 

 

おかげさまで、「歯がきれいですね」といっていただくことがあります。

私は20年前に歯列矯正を、6年くらい前にホワイトニングをしています。虫歯はありません。せっかく褒めていただけるので、普段のブラッシングはもちろんですが、定期的なメンテナンスによって、これからも大切にしていきたいと思っています!

 

歯は痛くなったり、症状がでてからでは、治療するという選択肢しかありません。その前に予防することが本当に重要です。何もなくてもこうして定期的にメンテナンスを受けるメリットがもっと広まって欲しいと思います。

 

ホワイトニングに興味のある方も、まずPMTCによって全体的な汚れや着色を除去してからが効果的ですよ〜!

 

 

ユアーズデンタルクリニック

〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西1-13 ル・トロワ 6F

011-206-8241

 

 

 

あ、iPhone換えました〜!

 

初撮影はたちぽんでした!プリプリ〜!

 美味しいものを食べるためにも歯を守りたい!

それでは!

友人Nちゃん@グリーンローズガーデン

こんにちは。平田です。

f:id:erieri-march:20170125172728p:image

(2017年1月25日お昼)

 

ブログをはじめて(再開して)3週間。

 

3000アクセスを超えました~。わーい!予告どおりiphone換えます♪

 

 

記念すべき記事に登場していただくのは、友人Nちゃん。

 

Nちゃんは大通り西8丁目にある「グリーンローズガーデン」のセラピストさん。

 

アロマオイルトリートメントやハワイアンロミロミ、指圧やストレッチ…症状に合わせて対応してくれます。

 

 

こーんな感じで腕が上がらなくたったって…

 

 

施術後…

 

 

 

すんなり腕が上がるように!この写真を旦那氏(研究者)に見せたところ、バックグラウンドと時間が記録されていないので、怪しい…といわれましたが、本当です!

 

そんな素敵な空間グリーンローズガーデンはこんなかんじです。お客様のアポイントが重ならないように配慮してくれているので、いつも貸切状態~

 

入ったところ

 

奥に広がる素敵な空間

 

大通り公園のイルミネーションもみえます

 

Nちゃんは、オーラソーマなども操るセラピスト。こちらのボトルをつかいます。

 

クリスタルのガネーシャさん

 

 

Nちゃんと出会ったのは、、

 

2年くらい前?のある日、フランスから帰国して数ヶ月。そろそろ愉快な友達がほしいところだわ~。と思いつつも、とあるお店に一人立ち寄ったところ先に一人で飲んでいたのがNちゃん。

しばらくして、Nちゃんがセラピストだという話になり、さらにそれが私がかねてよりFBで気にしていたグリーンローズガーデンの方だということが発覚。

FBには「~がイイネといっています」ってブログのリンクとかが表示されますよね。私の同門の先生が「いいね」を押していらっしゃったので、思わずいつも読んでいたわけですよ。ブログ。その熱い内容からは想像できない「はんなりとした」外見。

俄然興味深々なわたくし、早速グリーンローズガーデンへ!そしてその後ワインレストランに飲みに行き、ひととおりおいしくいただいた後、最後締めに何を注文するか?となり、わたしが即決したのが…

 

 

 

チョリソ

 

f:id:erieri-march:20170125205117p:plain

 

 

 

 

そう、あの辛いソーセージですね。だって食べたかったんだもん。最後にチョリソ。

 

 

 

そこから意気投合!!

 

「いやふっつう、デザートとかいくよね。うん、そこで決めた。この人とこれからも飲みに行くんだと。」とNちゃん談。

f:id:erieri-march:20170125201725p:plain

浴衣が無いし、買いに行く時間も無いし着付けもどうしようか…ってなってるNちゃんに無理やり「ゆかた着付け+ゆかたセット」を紹介し、念願の浴衣ビアガーデンを達成。

 

結婚式のときには、例のブログにも書いてくれました!

ameblo.jp

 

幾度となく一緒に飲んでるけど、愚痴とかネガティブな話は全くなし。だってする暇がないくらい面白いことだらけだから!一緒にいると。それは、彼女のもつパワーのお陰なのだと思います。

 

いつもありがとう!Nちゃん!

 

f:id:erieri-march:20170125204211p:plain

施術スペースにバラとメッセージカードを飾ってくださいます。これは初めてお店に行ったとき。何か背負っていたのか…(震え)

 

 

先日,,,「あ~書くこと無かったわ」

 

 

 

って!!!!!!

 

 

 

おかげ様で何かがとれたようです。笑

確かに、重かった肩が今はなんともなくなりました。

いろいろな要因で体の不調が出てきている方は、是非行ってみてくださいね。

 

 

札幌市中央区大通西8丁目LNJ札幌大通り公園ビル2F
グリーンローズガーデン(完全予約制)
電話番号011-272-1633

 

見た目が◯割!プレゼンデザイン入門

いってきましたよ〜

「プレゼンのためのデザイン入門 Sの法則」!!!

 

金曜日の診療も無事に終えて、同期の助教H氏と待ち合わせ、院生Sちゃんと三人で向かいます。

 

 

オープンホール…フロンティア棟…

 

 

 

 

 

 

 

迷った!!!!

ここどこ!!!!????行き止まりだし!!!

 

 

理学部K先生にメール…

 

 

フロンティア棟!!!!こんなビッグなホールが近所にあったとは、驚く歯学部の3人。

 

 

 

玄関の鈴木章先生ととりあえず撮影し…。

 

 

会場到着!

 

 

 

迷ったせいで、会場着いたらほぼ満席、最前列だよ〜

 

 

 

 

 

ま、眩しい!!!!!

f:id:erieri-march:20170122125220p:plain

(CoStepPRさんの写真を拝借)

www.facebook.com

 

 

そして、夕方のセミナーなのにも関わらず、一切の眠気どころか瞬きもする間もなく、気がついたら時間になってしまっているという。

 

なぜなの!?

 

セミナーでは様々なテクニックをたっぷりご教示してくださったのですが、ここでは、それをお話しする「珠子先生のプレゼン」から私が学び、今後プレゼンをする上で考えていきたいことをまとめたいと思います。

あ、院生さん、具体的な基本事項についてはその都度お示ししますわよ。

(院生じゃないひとは是非大学院へ。私が熱烈に教えます♪)

 

  • どんな相手か

これは、誰かに何かを伝えるときに最も大切なことだけど、意外に出来ないことだと思います。

例えば相手が省庁関係の方、研究者、学生、市民…いろいろな場面があります。その度に分析を慎重に行う。

この話を聞くモチベーションが始めにどれだけあるのか。モチベーションが高い程、専門的な話はしやすくなります。少ない場合、(たとえば学生さんの講義とか笑)導入に工夫をこらす必要があるかと思いました。また、「全て聞く」という姿勢、たとえばヒアリングや科研費などの場合には、パンパンに詰め込んで意欲を示すというのもありなのかと思いました。

 

  • 何を期待されているか

今回の場合は、北大の研究者対象でモチベーションがすごく高い。その分期待度もものすごく高い!!より専門的でありつつ、明快というバランスに気を遣うところなのかと思いました。

また対照的に、学生さんの研究発表などの場合、求められていることはほとんどが「結果」。わかりやすくする必要はありますが、スタイリッシュである必要はありません。

 

  • 見た目が◯割

「何を期待されているか」にも通じるかと思うのですが。自己演出によって「どうみせるか」というのもポイントかと思いました。

先生の本日のファッションも素敵でした。黒のベルベットのジャケットからは個性が見え隠れするような柄のブラウスがちらりと。上品な丈とフレアラインの素敵な白いスカートと、細身のブーツ。さすが、デザインの先生!!そして、姿勢が綺麗!

こんなお洒落な先生の教えてくださるプレゼンのデザインは絶対真似したい〜。って思わずにはいられない。

コアな研究者という雰囲気だったら、個性的なのもありかと個人的には思いますが、あくまで研究をみせたいのであれば、「きちんと」感ですね。院生もまたしかり。わたくし、よく短パンで学会いってましたけど…。白いスカートは一時間でシミができる自信あり…。しかもがに股だし。反省…。

というわけで、翌日、同門会で司会の役だったので「スーツ」できちんと感と主役を引き立てる感を演出したのですが、ズボンがパッツパツで変な動きになってしまいました。

 

  • 何を伝えたいか

これに限る!テクニックや見た目もとっても大切だけど、メッセージを決める。これが自分ですら「ぼや〜ん」とすると、聞いてる方も「ぼや〜ん」とzzz…

メッセージを絞って、それに向かって構成する必要があるんですね。

・ゴシック体

・左寄せ

・色は4色まで

・フォントサイズと太さにコントラストをつける

・線を多用する代わりに見えないラインに従って配置する

こんな最小限のルールを守ってね。

 

 

 

珠子先生ありがとうございました! 

 

 

(白黒にしてみたり…)

 

そして、せっかくの美しい先生をカメラがいまいち捉えられていないことに気づきはじめた私。とりあえず、iPhone買い替えようと思います。

今月アクセス数3000超えたらね!

 

わたしがココを受験した理由

センター試験がおわりましたね.雪の中,受験生も各種役割があった先生方も大変お疲れ様でした。そしてバンザイシステムが発動したとか。いよいよ受験する大学を決めるのですね。

 

 

 

17年前、私もセンター試験受けました。
 

 

 

 

そして、17年後…。

 

 

 

 

f:id:erieri-march:20170114173603j:image

こんな素敵な後輩と飲んでましたよ~!

学部からの一学年後輩であり、同じ師匠の元で研修医を修了した妹弟子のAちゃん。

f:id:erieri-march:20170115152813p:plain

つい先日、症例が雑誌に掲載され、日々患者さんと真摯に向き合っている彼女。もはや、後輩というより同志?友達でございます。

 

私も彼女も、センター試験受験後に、北海道大学歯学部を受験することを決めました。ちなみに、我々はどちらもお家が歯科医院や医療関係ではありませんし、北海道出身でもありません。

 


 
そもそも、なぜ私は歯学部を志したのか…。

 

 

 

 

 

人の役に立ちたかったからですっ!!

 

 

 

とか言いたいところですが。

 

 

すみません…。

 

 

白衣を翻して歩きたい!

 

 

というのが一番の動機でした。

 

 

私が幼少のころに、「外科医有森冴子」というドラマがありまして。そのドラマをみて、白衣カッコイイ!!!!白衣翻したい!!!となったわけです。

 

 

もちろん医学部を目指していたわけですが、センターの点数を親切なバンザイシステムに入力した結果,再検討する必要が生じました。

 

 

ふうむ…もう受験勉強はコリゴリだな…

 

 

と、そのとき、歯学部という学部を見つけたのです!

 

 

やっぴー!ここでも白衣着れるやん!!!!!

 

 

そして、大学を選択するときには、

 

 

「ちょっと都会のキャンパスライフ」を重視!!!

 

 

 北海道大学は、札幌の中心部から程近く都会的なのに、緑が溢れる素敵なキャンパス。
コンビニまで車で10分かかる地方に住んでいた私としては、大都会はハードルが高いけど、自転車で中心部まで買い物にいけるのは魅力的!半年間雪で自転車に乗れないのは知らなかったのですが。

 

ちなみに、その1年後受験した彼女に、同じ質問をしてみたところ…

 f:id:erieri-march:20170115182117j:image

 

 

 「直感です!!!!」と。そして彼女が言うのです。「『置かれた場所で咲きなさい』という本を知っていますか?」

 

 

3年位前に購入して読んだのですが、もう一度読み返してみました。

 

「どんなところに置かれても 花を咲かせる心を 持ち続けよう」 境遇を選ぶことはできないが,生き方を選ぶことはできる。

置かれた場所で咲きなさい

置かれた場所で咲きなさい

 

 

 センター試験で思わぬ点数をとったのは予想外でしたが、ここに来るために「獲得した点数」だったと思います。家業が歯科医院でもなく、歯科業界も知らず、直感にて受験し入学しましたが、学生時代も、歯科医になってからも、ここが「置かれた場所」と信じて日々精一杯やる!(学生時代は学業のほうはさておき)そのほうが楽しいから!17年間一度もこの選択を後悔したことはありません。

 

 

 

これからも、いろんな人生があると思いますが、置かれた場所で咲けますように。

 

 

 

 

北海道大学歯学部を選んでくれた方達が、楽しく学生生活を送れますように。

 

 

 

 

Aちゃんからのプレゼント♪(※お手製手袋の黒丸は「リボン」らしい)

f:id:erieri-march:20170116201759p:plain

f:id:erieri-march:20170114173812j:image

あったか~い!ありがとう!

 

 

P.S. 北大の教室は、暖房効いてるところが多いので、受験の際は、温度のコントロールがしやすい格好できてください。

実験するため,ひとっとび

さ,寒い…

 

ひえええええええ!!

 

で,,,

 

移動移動~

 

ん?

 

 

移動移動~~・・・

 

 

 

じゃん!

 

 

 

ここはどこでしょう?

 

ほいっ!

 

産業総合研究所でした.

 

今回の目的は,実験でございます!こちらにしかない装置を使用して,ひたすら観察をする2日間…

 

大変有意義でございました!

 

私たちは,カーボンナノチューブをはじめとするカーボンナノ物質を生体材料,特に骨の再生に応用するという研究を行っております.

 

なんでカーボンナノ?っていうのはさておき.なぜに歯科医で研究を続けているのかというご質問をよく受けますのでお答えしたいと思います.

 

 

 

 

それは,

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しいからです.

 

 

「この材料で将来誰かを救えるかも…」

 

 

というのは,基礎研究においては,結構時間がかかるお話.もちろん,それは目指すところではあります.

 

 

「誰も知らない新事実につながる結果を得まくって…」

 

 

そんなにバンバンとデータはでませんね.むしろ,予備実験でつまづくことのほうが多いです.何日間,時には1年近くかけても,狙い通りにはいかないこともあります.

 

 

じゃあ,なんでできるの??

 

 

って楽しいからですよ.

 

 

研究って,多くの時間は一人でひっそりやってることが多いのですが,一人ではできないことが結構あります.そんなとき,異分野の先生と共同研究したり,専門技術者の方の力をお借りしたりします.

 

 

そんなとき…ずっとしゃべってます.はい.

 

 

でもそんなおしゃべりの中で,自分では考え付かなかったような視点からのアイデアが生まれることがあったりするんですよ.

 

一人で顕微鏡など引きこもっていると,外界と遮断されますからね.それはそれで必要なときもありますし,一人になりたいときにはまさにうってつけなんですけど. 

 

ある日,共同研究者の先生と,お蕎麦を食べていると,ふと「平田さんと研究してるのも楽しい」と言ってくださいました.

まあ,とりあえず,ずっとしゃべってるからなのかもしれないですが….

 

 

医工連携とか,異分野の共同研究って発展性があるし,どんどんやっていくべきだと思う.でも,やっぱり根底にあるのって人間同士なので,「楽しいな」って思える人と一緒に仕事できた方がいい!(トークだけじゃなくてね!)

 

 

あのひとと一緒に仕事するの楽しそう!って思われる人でありたい!

 

 

トークだけじゃなくてね.まあ,チームの盛り上げ役でも何でもいいんですけど….

 

 

精進あるのみ!

 

もちろん,院生たちと研究するのも楽しいね.

 

 f:id:erieri-march:20170115174620j:image

 

楽しくやりとげるのよ~!